減価償却

減価償却

減価償却

減価償却とは、土地以外の有形固定資産を長年使用することにより発生する価値の減少分を決算期毎に費用計上することである。

 

なお、費用化される価値の減少分を減価償却費といいます。

 

減価償却には、有形固定資産の流動化と内部金融機能の2つの効果があります。

 

減価償却費の計算方法は、残存価額を控除した取得原価を使用可能期間である耐用年数にわたり一定の方法で減価償却費として適切に期間配分します。

 

なお、減価償却制度の抜本的な見直しがされ、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産については、残存価額が廃止され、残存価額1円まで減価償却できるようになりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ