建設業会計

建設業会計

建設業会計

建設業会計とは、工事の着工から引き渡しまで1年以上かかることの多い建設業界の特殊性を考慮して作られた財務会計の制度である。

 

長期請負工事などの取引の会計は、工事進行基準が認められており、決算期末に工事進捗の程度を見積り、適正な工事収益率によって工事収益の一部を当期損益計算書に計上します。

 

なお、特殊な勘定科目があり、売上勘定に相当する完成工事高や、売上原価に相当する売上工事原価、売掛金に相当する完成工事未収入金などがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ