連結納税制度

連結納税制度

連結納税制度

従来、会社ごとに個別に計算していた法人税の計算を企業グループ全体を一体として一括計算する制度で、平成15年3月期より導入された。

 

対象となるのは国内の親会社と100%子会社及び孫会社等であり、課税所得を通算して申告納税することとなる。
ただし、この制度は任意の届出制であり、連結納税制度を選択するか否かは法人の選択に任されているが、一度この制度を選択すると自由に取り消すことができない。

 

連結納税制度では、グループ内に赤字会社と黒字会社が混在している場合には、その赤字と黒字が相殺されグループ全体として法人税額が少なくなるという効果があるが、法人税率に2%を上乗せする連結付加税(2年間の時限措置の予定)が課されるため、現状同制度を導入するのは欠損金の大きい大手企業をはじめとする一部の企業に限られ、平成15年3月期からの同制度の導入を申請したのは164の企業グループにとどまっている。

ホーム RSS購読 サイトマップ