時価会計

時価会計

時価会計

一部の金融資産を、期末時点の時価で再評価する会計手法のことをいい、2001年3月期決算から導入された。

 

保有資産の価値を毎期末ごとに見直し、時価と簿価の差額を評価損益として、貸借対照表や損益計算書に反映させる制度である。

 

時価会計の導入には、@近年、資産価格が変動する金融商品を、企業が多く保有するようになってきた、A企業活動の国際化から、日本の会計制度を国際基準に統一することが必要になってきた、という背景がある。

 

国際基準に基づいた財務諸表を作成することで、企業の財政状態、経営状態、将来性などが国内外の投資家に比較・判断されやすくなるというメリットがある。

ホーム RSS購読 サイトマップ