のれん代

のれん代

のれん代

企業が持つ「ブランド」「ノウハウ」「顧客との関係」「従業員の能力」等の無形固定資産のこと。

 

企業合併や買収において、その価値が営業権として決算書に計上される。

 

企業買収に要した金額が被買収企業の純資産価値を上回る場合、その差額をのれん代といい、企業会計原則では、一定期間で償却するように求めている。

 

近年M&Aが頻繁に行われることから多額ののれん代が財務諸表に現れるようになり、その価値を適正に評価することが求められるようになり、企業会計基準委員会は、2006年4月からの新ルールで一括計上を認めないことにし、20年以内の複数年数で均等処理することにした。

ホーム RSS購読 サイトマップ