資産の証券化

資産の証券化

資産の証券化

資産を流動化させ、資金調達を行う過程で有価証券を投資家に販売する手法。資産の証券化は資産の流動化に含まれるものと考えられる。特定の資産(貸出債権や売掛債権などの金銭債権、不動産など)を、その資産の保有者から分離し、その資産が将来生み出すキャッシュフロー(金銭債権の償還金や利息収入、不動産の賃貸料収入や売却収入)を裏付けに、有価証券(社債や株式、受益証券など)を発行し、投資家に販売する一連の流れのことである。不動産のように高額の物件を流動化しようとする場合、そのままでは投資家が手を出しにくいところがあるが、そのために不動産の受益権を有価証券として小口に分散することで投資家から資金を集めやすくできるというメリットがある。

ホーム RSS購読 サイトマップ