劣後債

劣後債

劣後債

劣後債とは、一般の債権者よりも債務弁済の順位が劣る社債のこと。債務弁財の順位というのは、万一会社が解散や破産などをした場合に、債権者への支払い順位が低く、普通の債権や債券への支払いが終えた後に、資産が残っていれば、それを分配してもらえるということ。その代わりに、金利は高く設定されている。このように、リスクもリターンも高いことから、株式に近い性格を持っている。発行側のメリットとしては、自己資本増強を図れること、デメリットとしては、金利負担が高くつくことがある。一方、購入者のメリットとしては、普通の債券よりも金利が高い、デメリットとしては、弁済順位が低下し、満額の弁済を受けることができなくなる可能性があることが考えられる。

ホーム RSS購読 サイトマップ