タックスクッション

タックスクッション

タックスクッション

決算にあたり、納税額として計算された金額よりも多めの金額を決算書に計上すること。少し多めの部分がいわば「クッション」であり、税額の計算間違いや申告遅れによる延滞税などのまさかの備えのために計上するもの。タックスクッションを多めにすれば、当期純利益が減少してしまうことになる。

ホーム RSS購読 サイトマップ