レポ取引

レポ取引

レポ取引

債券の貸借取引のことで、当事者の一方が他方に債券を貸出し、見返りに担保金を受入れ、一定期間経過後にこの債券の変換を受けて、担保金を返却する取引のことをいう。ポジションを管理する信託銀行のディーラーの立場から見ると「(有価証券の)貸付取引」になる。
債券の借り手は、債券に対する貸借料を支払う。この差額(担保金金利−債券貸借料)がレポレートと呼ばれる。日本でレポ市場という場合、現金担保付債券貸借市場のことを言う。借り手はトレーディング決済に必要な債券を調達すること、貸し手は債券の品貸料担保金の運用益の獲得を目的として取引が行われる。
なお、レポ取引において、手持ちの債券を貸して、担保金を手にしたい資金調達ニーズが先行する取引のことをGC取引(非特定銘柄取引)といい、特定の債券を借りたい(空売りしたい)ニーズが先行する取引のことをSC取引(特定銘柄取引)という。

ホーム RSS購読 サイトマップ