法定実効税率

法定実効税率

法定実効税率

課税所得に対する法人税、住民税法人税割、事業税の表面税率に基づく所定の算定式による総合的な税率をさす。法人税の課税対象となる所得に加味される事業税等の税率を含むという意味で実効税率という言葉が使われる。税効果会計における繰延税金資産、繰延税金負債は、一時差異に法定実効税率を乗じて算定される。法定実効税率の算式は下記のとおり。
法定実効税率={法人税率×(1+住民税率)+事業税率}
                           /(1+事業税率)

ホーム RSS購読 サイトマップ