電子帳簿保存法

電子帳簿保存法

電子帳簿保存法

電子帳簿保存法とは、1998年7月から施行されている国税に関する帳簿の一部または全てについて、電磁的記録による保存を認める法律のことをいう。企業が法人税等国税関係の帳簿書類を任意に選んで、それを一定要件を満足して電子化保存することを所轄の税務署長に申請し承認されれば、それらの帳簿書類の電子化保存を認めるということが規定されている。
正式名称は「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」。
電子帳簿保存法の申請が認められるためには、「電子媒体による記録が故意に改竄されないこと」及び「必要なデータが速やかに検索できること」の二つが要件となる。

ホーム RSS購読 サイトマップ